今すぐ始めよう!体質改善で背中ニキビ撃退プラン!

イライラが収まらない、強敵の背中ニキビ

男女を問わず悩みの種になりがちなのが、お肌のトラブルですよね。
その中でも代表的と言っていいのが、ニキビ。顔の部分に出来るニキビがすぐ浮かびますが、もっと困惑してしまうのが背中に出来るニキビです。
何故こんなところに、何が原因で出来てしまうのか。人目も気になりますし、自分自信でも気持ちが悪いものです。
その上むやみに自己流で対策をしてみても全く成果が上がらず、いらだちが募ってお悩みの方も多いでしょう。

背中ニキビの原因

背中ニキビにはいくつかの原因が考えられます。特定の一つ、もしくは複数の原因が複合的に重なってニキビが発生してしまいます。

皮脂

主な原因の一つは、皮脂の過剰分泌です。
背中は頭皮や顔に次いで皮脂腺が多いので、汗をかきやすい場所です。
人の身体にはマラセチア菌という常在菌がいて、皮脂を好む性質を持っています。
汗をかいて皮脂が分泌されることでマラセチア菌が増殖し、皮脂に含まれる中性脂肪を遊離酸という刺激物質に変えてしまいます。それによって炎症がおこり、ニキビを発生させるのです。

刺激

また、外部からの刺激もニキビの原因となります。
たとえば毎日入浴する際に使用するシャンプーやボディソープ。しっかり洗い流さないと背中にこびりついたまま残り、皮膚への刺激となってしまいます。
直接の刺激という意味では、ナイロンタオルなどで過剰に背中をこすることでも、背中の肌を傷めてしまい、同じくニキビを誘発してしまいます。
その他、過度の日焼けなど夏場に起こりがちな要因が多い一方、冬場にも肌を乾燥させるがままにすることでニキビが発生することもあります。
いずれの場合も、肌へのケアが不足し、過剰な刺激を与えてしまうことで起るのですね。

ストレス

更に精神的な要因でニキビが発生する場合もあります。
ストレス等がたまっていると、自律神経のうち、交感神経の働きが活発になります。
この結果、男性ホルモンが過剰に分泌され、本来のホルモンのバランスが崩れる事があります。男性ホルモンには皮脂分泌を促進したり、毛穴を縮小させてしまう働きがありますので結果として、肌荒れへとつながり、ニキビを発生しやすい状況を作り出してしまうのです。

背中ニキビ撃退のケアプラン

上記のように、背中ニキビの原因は「皮脂の発生」、「肌への刺激」による毛穴の炎症によるものということが分かります。したがって、ニキビを防ぐためにはこの炎症を起こさせないように対策をとればよい訳です。
その為の最もとっつきやすく、かつ根本的な改善に繋がるのが食事です。

栄養バランスで調整

皮脂の過剰分泌がニキビの原因である以上、まずはその分泌を調節する必要があります。
そこでポイントとなるのが摂取する栄養素、それはビタミンB2、B6、Cです。
ビタミンB2は皮膚の代謝を促進し、ビタミンB6はたんぱく質の代謝を促し皮膚の生成を助ける働きがあります。双方ともに主にレバー、卵、魚に多く含まれます。

ビタミンCは皮脂の分泌を抑制し、角質のバリア機能も高めてくれます。主に果物や野菜に多く含まれています。

生活スタイルの見直し

また、皮脂の過剰な分泌を促してしまう原因の一つにストレスも挙げました。
ストレスの排除には心理療法から適度な運動までたくさんの方法がありますが、まず手近ですぐに出来る事として、食生活の見直しをしてみましょう。

また、出来る限り生活スタイルも規則正しいものに整えていくことです。
食生活を見直すことで、皮膚のケアに必要なこれらの栄養素をバランスよく、規則正しい食習慣の中で摂取する習慣がつけば、自ずとニキビが出来にくい体質へと改善が見られます。

いろいろな方法で悩んでいる皆様も、まず基本的な生活スタイルから見直してみましょう。